性器カンジダの症状と治療薬について

トリコモナスの症状と治療薬のフラジールについて

トリコモナスとはトリコモナス原虫が膣内に感染し定着してしまうことで起きる性病です。
他の性病と違うところは、感染する年齢層が幅広く性行為以外での感染経路があるため、性行為の経験がない女性や乳幼児にも感染することが特徴です。
感染してからの潜伏期間はおよそ10日前後といわれています。

トリコモナスの感染する経路として、性行為が主な感染経路ですが、パートナー間で感染した場合、どちらか片方が完治した場合でも、パートナーが感染したままだと性行為を行うと再び感染してしまい、お互いそれを繰り返してしまうということがあります。
他の感染経路として、浴槽やタオル、便器などから感染することがあります。
このため性行為の経験がない人や乳幼児でも感染する可能性があるのです。

症状は、女性の場合は泡状の黄白色のおりものが増えたり、かゆみ、痛みなどがあります。
男性の場合は主に尿道に感染するので、尿によって流されてしまい症状が現れにくいのが特徴です。
症状が現れた場合は、かゆみ痛みなどがあり、軽い分泌液が出る場合があります。

治療薬としては、成分にメトロニダゾールが含まれた、フラジールが効果的です。
一般的な抗生物質が効きにくいトリコモナス原虫ですが、フラジールの成分、メトロニダゾールはトリコモナス原虫に対し殺虫的に作用します。

フラジールの副作用に関してはあまり多くの報告がないため、それほど神経質になる必要はないでしょう。
まれに食欲不振、胃の不快感、吐き気などをもよおすことがありますが、その場合は服用中止し、様子を見るようにし、症状が治らない場合は医師に相談してください。

他の、注意点は脳や脊髄に病気のある人は使用できないことがあります。
また肝機能障害があると血中濃度が上昇しやすくなったり副作用がおきやすくなるので注意してください。
他の薬で抗血栓薬を服用していたり抗がん薬や免疫抑制剤を服用している人も注意が必要です。
この場合は服用前に医師に相談するようにしましょう。

他の薬と同じように、効果を最大限に発揮するために用法、用量を守って服用する事が大事です。

カンジダの予防方法を紹介

女性の5人に1人は感染の経験があると言われていますが、普段から予防に気を使っていれば、感染する可能性を低くすることができます。
普段からできる予防法はいくつかあります。
原因となる菌は、感染した後、体の免疫機能が落ちた時に繁殖しやすくなるので、日頃の健康に気をつけて、寝不足や不規則な食事生活は慎むようにしましょう。
原因菌は真菌といってカビの一種ですので湿った場所や暖かい場所といった環境を好みます。

そのため、普段から通気性の良い下着を着用することを心がけ、湿った状態の下着や衣類はできるだけ早く着替えることが必要です。
締め付けるような下着をつけている時は特に注意が必要です。
また、おりものシートなどを使用するときは頻繁に交換するようにしましょう。

特に、不特定多数の人が集まる場所、公衆浴場や、スポーツジムのシャワー室、水泳の後は外陰部を清潔に洗浄し、洗浄後もよく乾かすことが必要です。
また菌が腸内に存在する場合もあるので、トイレの後は前側から後ろ側に向かってふくように気をつけるようにしましょう。

他に原因としてホルモンバランスが乱れると、膣内の抵抗力や自浄作用が弱まるので、感染しやすくなります。
特に出産後や育児疲れ、生理不順があるときは気を使うようにすることが必要です。

感染し症状が出た場合は、おりものの匂いや、量が変わります。
少しでも変調を感じたら、できるだけ早く対処することが必要です。
治療には薬を使いますが、薬の用法、用量をきちんと守り使用することが大事になります。
また症状がでない場合もあるので、ストレスを感じている時、イライラが続く時、便秘や下痢を繰り返している時、睡眠不足の時が続く場合は特に注意して下さい。