性器カンジダの症状と治療薬について

カンジダは、人の体内や皮膚に生息している常在菌の異常増殖によって引き起こされるものです。
性行為によって感染するため性病としても知られていますが、基本的には誰がなっても不思議ではない病気です。
また膣カンジダ症など女性が罹患する傾向もありますが、男性が発症することも珍しくありません。
原因が体内外に生息する常在菌が原因であるため、女性の5人に1人が症状を発し、その内7割が再発経験があると指摘されています。
男性がなることもあるカンジダ症の特徴や治療薬について紹介します。

カンジダの症状は特徴的

カンジダ症の症状として激しく強いかゆみを感じさせる他、女性の膣カンジタではおりものが白く濁る、ぼろぼろしている、量が多いなど普段とは違った状態になります。
特徴的な症状が強烈なかゆみです。性器やその周囲が強烈にかゆくなって我慢することも難しく、かきむしってしまうことも珍しくありません。
かくことで皮膚が炎症したり、出血することもあります。

女性のおりものが白く濁って、いつもとは違う状態になります。

  • 酒粕のような状態になる
  • お粥のような色合いをしている
  • ヨーグルトのように白く濁る
  • カッテージチーズのような状態になる
  • いつもよりもおりもの量が多い

上記が代表的な症状になっており、いずれかに身に覚えがあれば、カンジダである可能性があります。
その他の症状としては焼け付いたような感覚や性器や皮膚がヒリヒリする灼熱感、痛みなどの刺激がある、性交する際に疼痛や排尿時に痛みがする場合も多くなっています。

この症状の原因となっているのが、体内外に生息している常在菌のカンジダです。
カンジダは湿度と温度の高い場所に繁殖することが知られています。
胃や腸などの消化器官、口腔内、女性の膣や男性の包皮内に生息する傾向があり、肌をきれいにしていなかったり、病気やストレス等によって免疫力が下がると異常増殖します。
また性行為をすると相手に感染してしまう病気です。

カンジダ症がごく軽度であれば、自然治癒することもありますが、強いかゆみや痛み、性器の炎症、おりものにカスのような固形が混じっている、おりものが異常に多い場合は、医師の診察を受け治療しなければなりません。
基本的な治療では抗菌・殺菌成分のある外用薬を患部に塗布して治療します。
また痛みや炎症などがひどい場合は抗生物質を服用して治療します。

これらの症状を放置することで起こり得るリスクが、排尿障害です。
カンジダ菌が尿道に入り混み増殖するため、排尿時に激痛が走ったり、女性の場合は魚が腐ったような悪臭を発するおりものが出ることも珍しくありません。
この他にも悪化した状態で放置すると慢性化したり、再発を繰り返すことがあります。
性器に強烈なかゆみや痛みを感じたり、いつもとは違ったおりものが出る場合は、早期に医師に相談して症状の原因を突き止めてください。

カンジダ治療薬のニゾラールについて

ニゾラールカンジダ治療薬で効果が知られているニゾラールは、イミダゾール系抗真菌薬です。
強力な殺菌作用を持つ主成分ケトコナゾールを配合しており、カンジダを殺菌することから医療機関で処方されています。
外用薬であるため、性器やその周囲などに決められた期間、しっかりと塗布することで殺菌してくれます。

ニゾラールの特徴は、効き目が高い割に副作用が少ないことにあります。
抗菌新薬の中には肌に塗るとかぶれを起こしたり、刺激痛を感じられたり、かゆみや赤身などを感じる場合もありますが、ケトコナゾールは比較的穏やかなので多くの方の治療に利用されています。
ニゾラールの治療期間は3日から7日ほどとなっており、長くても1週間ほどで治療効果を感じられます。

ニゾラールにはクリームタイプとローションタイプの二つがあり、前者をニゾラールクリーム、後者をニゾラールローションと呼んでおり、いずれも主成分はケトコナゾールです。
テクスチャーが異なることで患部に合わせて利用できるのが、大きな特徴です。
例えばニゾラールクリームは、肌に馴染みやすく伸びやすいテクスチャーになっており、皮膚の大部分に使えます。
またニゾラールローションは、液体なのでクリームでは塗りにくい陰毛が生えている患部に塗ると皮膚までしっかり届く他、皮膚内部まで浸透するため角質化した皮膚にも使えます。

市販薬との併用は避ける

ニゾラールを利用する場合は、市販薬のフェミニーナ軟膏などを使ってはいけません。
症状が軽度であればニゾラールだけを処方されることもありますし、中度になると抗生物質が加わり、状態がひどい場合だと膣錠も処方されます。
これらの治療薬を医師の指示通りに使っても、かゆみを感じる場合があるため、市販薬を使ってかゆみを抑えようと考える人もいるようですが、処方された薬と市販薬を併用してはいけません。

ニゾラールと併用することで一時的にかゆみは緩和できますが、処方された治療薬が効果を発揮しているかどうかを正確に判断できなくなってしまいます。
そのためまだ完治していないのに完治したと判断してしまうことで、カンジダ治療が遅れてしまったり、抗生物質を使うことで耐性菌ができる恐れもあります。
これらのリスクを避けるため、処方された薬とフェミニーナなどの併用しないようにします。

カンジダ治療薬のラミシールについて

ラミシールカンジダ治療薬で注目されているのが、ラミシールです。
アメリカで最もシェアが高い抗真菌薬として知られており、通販で購入できるようになりました。
ラミシールの主成分であるテルビナフィン塩酸塩は、カンジダの細胞膜エルゴステロールの整合性に欠かせない酵素の働きを阻害して繁殖を抑える抗真菌作用が知られています。
主成分であるテルビナフィン塩酸塩は、市販の抗菌治療薬やシャンプーなどにも利用されているため安全ですし、細胞膜の生合成を阻害することから抗生物質のような耐性菌問題も発生しません。

日本では、成分配合が同じラミシールが第二種医薬品として市販されていますが、アメリカのものよりも容量が少なくなっています。
真菌治療では1週間ほど継続して塗布しなければ、皮膚の奥に潜む株が成長し、再発する可能性があります。
通販で販売されている並行輸入品のラミシールは30gと日本製の約3倍の容量があることや価格的にも手頃であるため、注目を集めています。

ラミシールの使い方は、とても簡単です。
まずお風呂などで性器やその周囲をきれいに洗い流します。
お風呂上がり後の清潔な体にラミシールクリームを指先に取り出してまんべんなく、行き渡るように塗布していくだけです。
効果の感じ方は個人差がありますが、おおよそ3日から1週間ほどなので、しっかりと継続して塗ります。
真菌の場合は皮膚の奥に根を張ることがあるため、継続して10日ほど塗布するとカンジダを治療できます。

また通販購入できることから医師の診断も必要ないという特徴もあります。
ニゾラールやテルビナフィン塩酸塩を配合した医療用医薬品もありますが、処方には医師の診察が必要です。
カンジダは性器やその周囲にまつわる病気であるため、恥ずかしいと感じる方もいますが、通販ならそのようなこともありません。

カンジダ治療薬の中には、真菌と細菌を共に抑制するフロリードもあります。
イミダゾール系抗菌薬のフロリードは、ミコナゾール硝酸塩を主成分としています。
ラミシールの主成分であるテルビナフィン塩酸塩と同様に真菌の細胞膜エルゴステロールの生合成を阻害してカンジダの繁殖を抑えます。
またカビの1種である真菌に対してだけでなく、原核生物である細菌にも作用するため、カンジダで弱った皮膚に繁殖する別の細菌の増殖を抑えられる特徴を持ちます。

おすすめ記事

  • 膣カンジダの感染原因と予防法とは?

    女性の性病の中でも罹患者がとても多いのが『膣カンジダ』です。 性病の区分ではありますが、実は性行為以外からの感染経路があるのが特徴です。 今回は膣カンジダの感染原因と予防法について詳しくお話していきましょう。 膣カンジダの原因は大きく分けて4つあります。 性行為 これは清潔な状態での性行為ではない場合に発症しやすいと言われています。 性行為前にお互いにシャワ...続きを読む